インプレス総合研究所とは

インプレス総合研究所について

インプレス総合研究所とは

 インプレスグループは1992年の創業以来、デジタルテクノロジーによる各種の製品の開発、社会やメディアの変革に立ち会ってきました。

 ネット社会の普及期であった当時、進むべき方向性については模索が続いていました。家庭や仕事場において、IT利用による本格的な効能はまだ表れておらず、企業においても、IT投資による経済効果や効率向上が実感されているとは思えませんでした。また個人レベルでも、デジタル化による生産性や楽しみ以上に、テクノストレスも生み出していました。

 情報流通が水平方向に変化しているのに、企業の情報システムや商品開発プロセスが、まだ従来の一方通行モデルから抜け出せていないのでは、と疑問に感じ続けてきました。これが、このインプレス総合研究所を設立した最も大きな理由です。

 我々は研究活動を通して、商品開発やサービス提供を行う企業と、それを利用する消費者の距離を近づけ、利用者参加型の開発を提案します。それにより、企画・設計・製造・宣伝・販売という既存の商品開発プロセスの変革を起こそうとしています。結果として、企業においてはインターネット文化の成熟期にふさわしい商品やサービス、システムのあり方の実現、また利用者においては豊かな個人生活の実現に貢献したいと願っています。

SCOPE

情報通信(TELECOM)、デジタル技術(TECHNOLOGY)、メディア(MEDIA)の3つの分野

 インターネットに代表される情報通信(TELECOM)、デジタル技術(TECHNOLOGY)、メディア(MEDIA)の3つの分野に関する理解と経験をもとに、いまインターネットが起こそうとしている産業の変革に注目し、調査・研究をしています。

 メディアカンパニーとしての情報の吸引力、取材の機動力を生かし、さらにはメディアを使った定量調査手法と分析を加えて、今後の市場の方向性を探っていきます。

 社外の著名協力者の方々と協働(コラボレーション)していくことにより、幅広い仮説とその検証、そして分析をしていきます。

調査報告書を見る

受託調査のご案内

IT先進ユーザー調査のご案内