ドローンビジネス調査報告書2017<予約受付中>

95,000円

執筆者: 

【編】インプレス総合研究所 【著】春原久徳 ほか

サイズ・判型: 

A4判

ページ数: 

280P

発売日: 

2017/03/16

※表示価格はすべて税別価格となります。

いまがチャンス!予約者特典!
3月15日(水)開催の有料セミナーが本調査報告書予約で割引価格でご参加いただけます。

予約割引キャンペーン実施中!
予約期間中、本サイトからのお申込により上記定価の10%割引にてご注文を承ります。
定価95,000円+税割引価格85,500円+税
定価85,000円+税割引価格76,500円+税
お申し込み後の自動返信メールは定価でのご案内となりますが、担当にて照会後、追って割引後の正式受注内容をご連絡いたします。
■本書のポイント
  1. <NEW>最新の2016年度国内ドローンビジネス市場規模を発表
  2. <NEW>産業分野別のロードマップを解説
  3. 企業動向、国や行政の動き、法律や規制、海外情報などを網羅し分析
  4. ドローンビジネスの課題と展望を明らかにする

 ドローンは社会インフラや設備の点検、測量、警備、物流、空撮、災害調査などの幅広い用途で利用が想定されており、さまざまな企業が業務への導入を検討しています。一方で、このように注目されるドローンですが、ドローンに関わるビジネスにあたってはビジネスモデル、技術、法規制、運用方法など多岐にわたる理解が必要です。そこで、本書ではドローン関連ビジネスを展開する企業やキーマンなど30社以上を取材した上で、市場動向、ビジネス動向、海外動向、技術、法律や規制、課題、展望などドローン市場を多角的に分析します。

 

本情報は2月3日時点の情報です。今後変更となる場合もございますのでご注意ください

■目次(仮)

第1章 市場概況  
1-1 ドローンの定義 
1-2 ドローンの歴史
1-3 ドローンの分類
1-4 ドローンの市場規模と全体ロードマップ
1-5 ドローンを活用したビジネスモデル
1-6 ドローンビジネスのプレイヤー
1-7 ドローンに関する規制や法律
1-8 政府各省庁の動向
       UTM(管制システム)など
1-9 技術の動向
1-10 地方自治体の動向 
1-11 事業企画のポイント
 
第2章 分野別ドローンビジネスの最新動向と今後の展望 
<背景/利用方法/課題/展望など>
2-1 ドローンビジネスの最新動向
2-2 商業空撮 
2-3 土木・建設
2-4 点検
2-5 農業・林業・水産業
2-6 防犯監視
2-7 計測観測
2-8 防災救助
2-9 倉庫・工場
2-10 物流
2-11 医療
2-12 警察消防・公共
2-13 その他
 
第3章 企業動向 <取材企業21社、文献調査4社>
3-1 ハードウェア
3-1-1 DJI
3-1-2 Parrot
3-1-3 3DR
3-1-4 Prodrone
3-1-5 エンルート
3-1-6 自律制御システム研究所
3-2 ソリューション提供
3-2-1 DENSO
3-2-2 エアロセンス
3-2-3 ドローン・ジャパン
3-2-4 エナジーソリューションズ
3-2-5 日立システムズ
3-2-6 NEXCO東日本
3-2-7 ブイキューブロボティクス
3-2-8 CLUE
3-2-9 ORSO
3-2-10 ブルーイノベーション
3-2-11テラドローン
3-3 通信事業者
3-3-1 ドコモ
3-4 ドローンの自社活用
3-4-1 楽天
3-5 スクール
3-5-1 NECフィールディング
3-6 業界団体
3-6-1 セキュアドローン協議会
3-6-2 JUIDA
3-6-3 DPA
3-7 海外
3-7-1 Amazon
3-7-2 Google
コラム) キーマンインタビュー 東京大学 鈴木先生
 
第4章 ドローンユーザー向けサービスの最新動向
4-1 ドローン専用ナビゲーションシステム
4-2 空撮画像専用マーケットプレイス
4-3 操縦者マッチングサービス
4-4 ソフトウェア
4-5 データ処理サービス
 
第5章 ドローン市場の課題と展望