ドローンビジネス調査報告書2018【農林水産業編】

執筆者: 

【監修】春原久徳 【著】青山祐介、インプレス総合研究所

サイズ・判型: 

A4判

ページ数: 

160P

発売日: 

2018/08/30
<価格とご購入手続きのご案内>

 ※下のボタンをクリックすると、ご購入手続きへお進め頂けます。

 電子版(PDFのダウンロード) 85,000円(税別)       

 

 

本調査報告書は、農林水産業でドローンをビジネス活用する際に必要な情報を整理しつつ、ドローンビジネスの現状と今後の展望までを分析します。農林水産業に参入を検討しているドローン関連事業者、および農林水産業に携わる企業がドローンを活用したビジネスをはじめるために必要な情報が網羅された報告書です。

 

■本書のポイント

1. ドローンの役割や効果、市場規模とロードマップ、行政の動向、今後の展望など分析

2. 農薬散布、精密農業などの現状と課題、市場成長性を解説

3. 先行する国内企業9社、海外企業13社の動向を整理

はじめに
第1章 農林水産業におけるドローンビジネスの動向
1.1 ドローン活用の背景と期待される役割
1.1.1 ドローン活用の背景
1.1.2 農林水産分野におけるドローンの役割
1.1.3 ドローンの活用で期待される効果
1.2 ドローンの定義と分類
1.2.1 本書で取り扱う「ドローン」の定義
1.2.2 ドローンの分類
1.2.3 民生用(ホビー)と業務用
1.2.4 回転翼と固定翼、VTOL
1.2.5 農林水産分野に活用されるドローンの種類
1.3 農林水産分野におけるドローンのプレイヤー
1.3.1 ハードウェア(機体)
1.3.2 サービス提供企業
1.3.3 ソフトウェア
1.3.4 業界団体
1.4 農林水産業におけるドローンの活用の現状
1.4.1 農薬散布
1.4.2 精密農業
1.4.3 害獣対策
1.4.4 水産業
1.4.5 林業
1.5 ドローンビジネスの市場規模
1.5.1 国内の市場規模
1.5.2 ロードマップ
1.6 政府・各省庁の動き
1.6.1 農林水産省
1.6.2 水産庁
1.6.3 林野庁
1.7 今後の展望
1.7.1 農薬散布ドローンの自動航行
1.7.2 ローバー型(ランド型)ドローンの可能性
1.7.3 ドローンの活用とGAP
1.7.4 Aguricuture4.0 日本は何をしなければならないのか。


第2章 分野別の現況と課題
2.1 農薬散布
2.1.1 現況
2.1.2 ドローン活用のメリット・特長
2.1.3 ビジネスモデル
2.1.4 主なプレイヤー
2.1.5 ハード
2.1.6 課題
2.1.7 市場成長性
2.2 精密農業
2.2.1 現況
2.2.2 ドローン活用のメリット・特長
2.2.3 ビジネスモデル
2.2.4 主なプレイヤー
2.2.5 ハード
2.2.6 課題
2.2.7 市場成長性
2.3 害獣対策
2.3.1 現況
2.3.2 ドローン活用のメリット・特長
2.3.3 ビジネスモデル
2.3.4 主なプレイヤー
2.3.5 ハードについて
2.3.6 課題
2.3.7 市場成長性
2.4 水産業
2.4.1 現況
2.4.2 ドローン活用のメリット・特長
2.4.3 ビジネスモデル
2.4.4 主なプレイヤー
2.4.5 ハードについて
2.4.6 課題
2.4.7 市場成長性
2.5 林業
2.5.1 現況
2.5.2 ドローン活用のメリット・特長
2.5.3 ビジネスモデル
2.5.4 主なプレイヤー
2.5.5 ハードについて
2.5.6 課題
2.5.7 市場成長性
2.6 農地内搬送
2.6.1 現況
2.6.2 ドローン活用のメリット・特長
2.6.3 ビジネスモデル
2.6.4 課題


第3章 国内企業の動向
3.1 ハードウェア
3.1.1 ヤマハ発動機
3.1.2 DJI
3.1.3 TEAD
3.2 サービス提供企業
3.2.1 オプティム
3.2.2 ファームアイ
3.2.3 ドローンジャパン
3.2.4 ナイルワークス
3.2.5 スカイマティクス
3.2.6 FullDepth


第4章 海外企業の動向
4.1 Micasense
4.2 Resson
4.3 PrecisionHawk
4.4 Mavrx
4.5 Delair
4.6 Slantrange
4.7 VineView
4.8 American Robotics
4.9 Sensilize
4.1 Saildrone
4.11 FLIR
4.12 BlueRobotics
4.13 QYSEA(Qiyuan Technology)