電子書籍ビジネス調査報告書2015

68,000円

執筆者: 

【編】インプレス総合研究所 【執筆協力】落合早苗 他

サイズ・判型: 

A4判

ページ数: 

390P

発売日: 

2015/07/30
【2016年版・好評発売中!】
電子書籍ビジネス調査報告書2016

本調査報告書は電子書籍市場の市場規模分析や各関連プレイヤーの動向、電子書籍分野で理解すべき最新動向、ユーザーの電子書籍利用実態調査など多角的に分析し、この一冊で電子書籍ビジネスを網羅的に理解できる調査報告書です。

24の国内・海外の注目すべき電子書籍ストア/サービスの概要も個票形式で紹介。さらに、①インターネットユーザーの有料の電子書籍に関する利用率や利用意向、②有料の電子書籍を利用しているユーザーの利用実態、③無料マンガアプリ/サービスを利用しているユーザーの利用実態を、パソコン上でのインターネット調査(以降「PC調査」とする)と、スマートフォン上でのインターネット調査(以降「スマートフォン調査」とする)にて実施し、その両方の結果を掲載しています。集計結果は付属のCD-ROMにExcel形式でも収録しています。

はじめに
第1章 電子書籍の定義と市場規模
1.1 電子書籍ビジネスの定義
1.2 電子書籍ビジネスの構造
 1.2.1 電子書籍の収益モデル
 1.2.2 電子書籍の価格構造
 1.2.3 電子書籍の流通経路
1.3 電子書籍ビジネスの沿革
1.4 電子書籍市場規模の推移
 1.4.1 市場規模の推移
 1.4.2 今後の予測
 1.4.3 ジャンル別市場規模の内訳
1.5 電子雑誌市場規模の推移
1.6 紙の出版市場規模との比較
 
第2章 国内の電子書籍ビジネスの最新動向
2.1 電子書籍市場のこの1年間の主な出来事
2.2 多様化する電子書籍ビジネス
 2.2.1 有料モデル
 2.2.2 無料モデル
2.3 セルフパブリッシングと編集手法の変化
 2.3.1 セルフパブリッシングの動向
 2.3.2 投稿系サイト/アプリの動向
 2.3.3 編集手法の変化
2.4 電子雑誌の動向
2.5 ストアの動向
2.6 取次事業者の動向
2.7 電子書籍のタイトル数
2.8 電子書籍の価格
2.8.1 平均単価の推移
2.8.2 電子書籍の価格帯分布
2.9 紙書籍のベストセラー作品からみる電子化状況
2.10 リアル書店との連携
2.11 電子図書館サービス提供に向けての動き
2.12 電子書籍向け端末の動向
2.13 国内市場における今後の展望
 
第3章 米国の電子書籍ビジネスの最新動向
3.1 電子書籍市場の動向
 3.1.1 市場規模
 3.1.2 大手の出版グループの業績
 3.1.3 アマゾンとの取引契約更改騒動
3.2 電子書籍流通プラットフォームの動向
 3.2.1 電子書籍ストアのシェア
 3.2.2 アマゾン
 3.2.3 その他の電子書籍ストア
 3.2.4 セルフパブリッシングプラットフォーム
 3.2.5 電子雑誌
 3.2.6 図書館
3.3 新たなビジネスモデルの胎動
 3.3.1 月額定額制(サブスクリプション型)サービス
 3.3.2 バンドル販売
 3.3.3 プリントオンデマンド(POD)
3.4 出版社の課題
 3.4.1 アナリティクス
 3.4.2 マーケティング
 3.4.3 直販
 3.4.4 技術への取り組み
 3.4.5 著者との関係
3.5 新サービス/新プラットフォーム
 3.5.1 電子書籍リミックスプラットフォーム
 3.5.2 セルフパブリッシングオーサリングツール
 3.5.3 電子雑誌オーサリングツール
3.6 まとめ
 
第4章 電子書籍ストア/サービスの動向
4.1 国内事業者による電子書籍ストア/サービスの動向
 4.1.1 BookLive!
 4.1.2 honto
 4.1.3 Reader Store
 4.1.4 楽天Kobo電子書籍ストア
 4.1.5 BOOK☆WALKER
 4.1.6 Yahoo!ブックストア
 4.1.7 dブック
 4.1.8 dマガジン
 4.1.9 ブックパス
 4.1.10 eBookJapan
 4.1.11 電子書店パピレス
 4.1.12 Renta!
 4.1.13 めちゃコミック
 4.1.14 コミックシーモア
 4.1.15 Handyコミック
 4.1.16 LINEマンガ
 4.1.17 comico
 4.1.18 少年ジャンプ+(プラス)
 4.1.19 マンガボックス
 4.1.20 E★エブリスタ
 4.1.21 どこでも読書
4.2 海外事業者による電子書籍ストア
 4.2.1 Kindleストア
 4.2.2 iBooks Store
 4.2.3 Google Play ブックス
 
第5章 ユーザーの電子書籍利用実態
5.1 調査概要
 5.1.1 調査概要
5.2 留意事項
 5.2.1 集計方法について
 5.2.2 誤差について
5.3 回答者のプロフィール
 5.3.1 利用率調査
 5.3.2 有料電子書籍利用実態調査
 5.3.3 無料マンガアプリ/サービス利用実態調査
5.4 利用状況
 5.4.1 端末所有状況
 5.4.2 電子書籍の利用率
5.5 利用者のプロフィール
5.6 有料の電子書籍利用実態
 5.6.1 利用機器
 5.6.2 購入している電子書籍のジャンル
 5.6.3 利用場所
 5.6.4 購入先
 5.6.5 購入先の選択基準
 5.6.6 半年以内に購入した電子書籍ストア数
 5.6.7 電子書籍ストアの使い分け方
 5.6.8 電子書籍ストアへのアクセス
 5.6.9 電子書籍ストアへアクセスするきっかけ
 5.6.10 1か月の平均利用金額
 5.6.11 1か月の平均購入冊数
 5.6.12 今後の利用金額の見込み
 5.6.13 大人買いの経験
 5.6.14 購入形態
 5.6.15 電子書籍購入時の支払い方法
 5.6.16 マルチデバイスでの利用
 5.6.17 電子書籍の探し方
 5.6.18 キャンペーンの利用経験
 5.6.19 利用したことのあるキャンペーン
 5.6.20 サンプル版の利用経験
 5.6.21 サンプル版購読後の購入状況
 5.6.22 人への紹介経験
 5.6.23 満足度
 5.6.24 不満点
 5.6.25 最もよく利用しているストアに対する評価
5.7 有料の電子書籍非利用者の意向
 5.7.1 今後の利用意向
 5.7.2 電子書籍を利用したくない理由
5.8 有料電子書籍に対する今後の意向
 5.8.1 電子書籍を購読したい端末
 5.8.2 購読したい電子書籍のジャンル
 5.8.3 電子書籍の新しいサービス形態への意向
 5.8.4 POD(プリント・オン・デマンド)の認知度
5.9 無料マンガアプリ/サービスの利用実態
 5.9.1 無料マンガアプリやサービスの利用率 
 5.9.2 利用している無料マンガアプリやサービス名
 5.9.3 利用している無料マンガアプリやサービス数
 5.9.4 無料マンガアプリやサービスの利用頻度
 5.9.5 無料マンガアプリやサービスの1回あたりの利用時間
 5.9.6 無料マンガアプリやサービスの利用のきっかけ
 5.9.7 無料マンガアプリやサービスでの1か月の課金金額
 5.9.8 無料マンガアプリやサービスで読んだマンガの単行本購入経験
 5.9.9 無料マンガアプリやサービスで経験のある行動
 
第6章 2014-2015電子書籍ニュース一覧
6.1 国内ニュース
 6.1.1 業界動向/企業戦略
 6.1.2 イベント/出来事/事件/訴訟
 6.1.3 新製品/新サービス
 6.1.4 新刊情報
 6.1.5 キャンペーン/セール情報
6.2 海外ニュース
 6.2.1 業界動向/企業戦略
 6.2.2 イベント/出来事/事件/訴訟
 6.2.3 新製品/新サービス
 6.2.4 新刊情報
 6.2.5 キャンペーン/セール情報
 6.2.6 その他
 
CD-ROM収録:本書フルカラーデータ(PDF)、ユーザー調査集計表・グラフ(Excel)