ケータイコンテンツビジネス調査報告書2006-2007

ケータイコンテンツビジネス調査報告書2006-2007

執筆者: 

株式会社インプレス&D インターネット生活研究所

サイズ・判型: 

A4判

ページ数: 

216P

発売日: 

2007/02/01

その他のスペック: 

調査:インプレスR&D インターネット生活研究所

PDF版

PDF(印刷可能)の価格: 

50000円

PDF(印刷不可能)の価格: 

25000円

市場規模から、ケータイコンテンツ事業者、通信事業者などの詳細調査により、最新の技術動向、市場動向についてまとめた調査報告書。
リッチコンテンツとして注目されている「着うたフル」や、電子書籍、電子コミック、SNSとして人気のケータイゲームなども網羅した最新版。

『ケータイコンテンツビジネス調査報告書2007』目次

はじめに
第1章 ケータイコンテンツビジネスの最新動向

  • 1-1 市場の動向
  • 1-1-1 リッチコンテンツ化の流れがより鮮明に
  • 1-1-2 KDDI/auのリッチコンテンツ化対応
  • 1-1-3  NTTドコモのリッチコンテンツ化対応
  • 1-1-4 SoftBankのリッチコンテンツ化対応
  • 1-2 ケータイ2.0の新たなステージへ
  • 1-2-1  ケータイ2.0とコンテンツビジネス
  • 1-2-2 公式検索サービスのスタートとSEO
  • 1-2-3 マーケティング分析の重要性
  • 1-2-4 ケータイコンテンツビジネス関連の歴史

第2章 ケータイコンテンツビジネスの現状

  • 2-1 概観
  • 2-2 ケータイコンテンツプロバイダ
  • 2-2-1 レーベルモバイル
  • 2-2-2 エムティーアイ
  • 2-2-3 エクシング
  • 2-2-4 日本エンタープライズ
  • 2-2-5 バンダイネットワークス
  • 2-2-6 サミーネットワークス
  • 2-2-7 ゼイヴェル
  • 2-2-8 ジョルダン
  • 2-2-9 ナビタイムジャパン
  • 2-2-10 ディーツー コミュニケーションズ
  • 2-2-11 jig

第3章 ケータイコンテンツ利用実態調査

  • 3-1 調査の概要
  • 3-1-1 調査の概要
  • 3-1-2 比重調整について
  • 3-2 調査結果のハイライト
  • 3-2-1 情報サービス全般
  • 3-2-2 ダウンロードコンテンツ
  • 3-2-3 ショッピング・オークション
  • 3-3 調査対象者のプロフィール
  • 3-3-1 性年齢階層
  • 3-3-2 職業
  • 3-3-3 調査対象者の居住地
  • 3-3-4 契約キャリア
  • 3-3-5 パケット定額制加入状況
  • 3-4 料金
  • 3-4-1 利用料金
  • 3-4-2 パケット料金
  • 3-4-3 コンテンツ料金
  • 3-5 情報サービス
  • 3-5-1 情報サービス利用率
  • 3-5-2 情報サービス利用者の利用頻度
  • 3-5-3 利用経験のある情報サービスのジャンル
  • 3-5-4 有料コンテンツの登録数
  • 3-5-5 コンテンツあたりの許容金額(月額課金)
  • 3-5-6 コンテンツあたりの許容金額(ダウンロード課金)
  • 3-5-7 今後利用したい情報サービスのジャンル
  • 3-5-8 一般サイトと公式サイトの利用状況
  • 3-6 ダウンロードコンテンツの利用状況
  • 3-6-1 着うた機能の認知度・利用状況
  • 3-6-2 着うたフル機能の認知度・利用状況
  • 3-6-3 動画ダウンロード機能の認知度・利用状況
  • 3-6-4 ゲームダウンロード機能の認知度・利用状況
  • 3-6-5 電子書籍の認知度・利用状況
  • 3-7 ショッピング・オークション
  • 3-7-1 ケータイショッピングの利用経験
  • 3-7-2 ケータイショッピングの購入商品
  • 3-7-3 ケータイショッピングで今後購入したい商品
  • 3-7-4 ケータイオークションの利用経験
  • 3-7-5 ケータイオークションで入札経験のある商品
  • 3-7-6 ケータイオークションで今後入札したい商品
  • 3-8 コミュニティ
  • 3-8-1 ケータイブログの認知度
  • 3-8-2 ケータイブログ認知者の利用状況
  • 3-8-3 ケータイSNSの認知度
  • 3-8-4 ケータイSNS認知者の利用状況