台頭するIoT時代の次世代無線通信規格LPWAの全貌 [NB-IoT/eMTCからLoRa WAN/SIGFOX/IEEE802.11ahまで]<予約受付中>

95,000円

執筆者: 

SmartGridニューズレター編集部

サイズ・判型: 

A4判

ページ数: 

180P

発売日: 

2017/03/03

※表示価格はすべて税別価格となります。

予約割引キャンペーン実施中!
予約期間中、本サイトからのお申込により上記定価の10%割引にてご注文を承ります。
定価95,000円+税割引価格85,500円+税
定価85,000円+税割引価格76,500円+税
お申し込み後の自動返信メールは定価でのご案内となりますが、担当にて照会後、追って割引後の正式受注内容をご連絡いたします。

■SmartGridニューズレター購読者 割引対象商品です。お申込みにあたりましては購読ご担当者様の情報を入力しご注文ください。照会後、担当より改めて受注内容をご連絡申し上げます。

 いよいよ日本でも、IoT時代に必須のLPWA(Low Power wide Area、省電力型広域無線網)サービスがスタートします。

 第4次産業革命に向けて、エネルギー、ヘルスケア、製造業、小売業からスマートシティに至るまで、M2M/IoTの取り組みが活発化しており、2020年にはセンサーや通信モジュールをはじめとするIoTデバイスの接続数は、250億~500億個にも達すると見られています。
 このような背景もあり、産業界では、企業のミッションクリティカル(基幹業務)向けIoTや、センサー/スマートメーター向けのマッシブ(大量)IoTで利用するネットワークのニーズが急速に高まってきています。

 前者では、多少コストがかかっても、LTEなどを使用した高信頼性や低遅延性、高可用性を重視したセルラーIoTシステムが求められています。
 一方、後者では、低価格で低消費電力、かつ長距離通信が可能な大量IoTシステム(LPWAシステム)が求められています。世界的にはすでに多くの国々で、LoRaWANやSIGFOXなどのLPWAが稼働し、また実証実験も行われています。

 日本では、京セラコミュニケーションシステムが2017年2月からSIGFOX、ソフトバンクが3月からLoRaWANなど、非セルラー系LPWAサービスの提供を開始する予定です。
 さらに、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクなどのモバイル通信事業者では、セルラー系LPWAの実証実験を展開しており、2017年度中にはセルラー系のLPWAサービス(NB-IoT、eMTC)も提供される予定となっています。

 本書は、大量のIoTデバイスを接続する次世代無線通信規格「LPWA」ネットワークの最新動向について、その全体像をまとめた決定版です。
 

本情報は2月9日時点の情報です。今後変更となる場合もございますのでご注意ください

≪主な目次≫

はじめに

第1章 世界でネットワーク接続されるIoTデバイス数の推移とLPWAの市場動向
   ― セルラー系LPWAを包含する5G(第世代)と非セルラー系LPWA ―

第2章 LPWAネットワークとは? その2つの大きな流れ
   ― セルラー系LPWAと非セルラー系LPWA ―

第3章 セルラー系LPWAの特徴と非セルラー系LPWAの特徴

第4章 セルラー系LPWA:3GPPで標準化されたNB-IoT(固定向け)とeMTC(移動向け)の最新動向
   ― 標準化動向とその適用分野 ―

第5章 非セルラー系LPWA:LoRAWAN/SIGFOX/IEEE 8.0211ahの最新動向
   ― 標準化動向とその適用分野 ―

第6章 LPWAネットワークを実現する機器
   ― 各種モジュール、ゲートウェイ機器、基地局など ―

索引